Unityroomの一週間ゲームジャムで「ドローンインザダーク」を投稿しました。

一週間ゲームジャムの「さがす」のテーマで「ドローンインザダーク」を投稿しました。よかったら是非プレイしてみてください!

Unityroom配信リンク

毎回Unityの新しい機能を使用することを目標としているのですが、今回は以下に挑戦してみました!
・UniRx

特に便利に思ったのは、シングルトンとReactivePropertyを組み合わせれれば、
プレーヤーデータなどのどこからでも参照する変数を、いちいち参照しに行かなくても、
購読しておけば変数が変更した場合にすぐ検出できたことです。
コルーチンと連携するとさらに便利らしいのですが今回は使わなかった。

パーティクルライブ「使い古した言葉や歌を」を作成してみました。

まさくに(疾風P)氏の楽曲でパーティクルライブをSTYLYで作成してみました。
素晴らしい楽曲をありがとうございます!

是非VRでご覧ください。(STYLYはこちら)
https://gallery.styly.cc/tarosansei/e7d76873-c10d-11e9-b34d-4783bb2170d0

YouTubeで360度動画としてもアップロードしました。
STYLYのブラウザで視聴すると音ズレが起こってしまうので(私の作りが悪いせいだと思います。。。)、
YouTubeのほうが見やすいかもしれません。

作品情報および原曲はこちらになります↓
イラスト : こまに →http://piapro.jp/manimani_comani
作詞 : オボロン →http://piapro.jp/oborokyo
作曲・動画 : まさくに(疾風P) →twitter@mskn_shippuP

ニコニコ動画(2014/08/11)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24214651

【制作を終えて】
STYLY自体が初めてで、パーティクルライブもしっかり作成したことがなかったので、
かなり制作が大変でした。
UnityのTimelineを使ったことがなかったので、まずはこの使い方を覚えて、
かつ、ParticleSystemもあまり使った経験がなかったので、
結局最初から最後まで使い方を調べながら作っていったという感じでした。
最後になってみると、あのときもっとこうしていれば楽だったのにという点がかなりありました。
それはまた次回に活かしていきたいと思います。
次回からはもう少し効率的に作れるかなぁ。
また、パーティクルはかなり重い処理なことがわかりました。
とりあえず作り終えた段階でSTYLYへアップロードして見てみたところ、
すごくカクついてしまったので、制作の終盤はパーティクル演出をいかに減らすかに
時間を費やしました。
あと、STYLYでアップロードすると、おそらくUnityのプラットフォームを切り替えてるんだと思いますが、
プロジェクトのサイズがでかすぎて、アップロードに3時間くらいかかるのが地味につらかったです。
次回もまた疾風P氏の楽曲を作成したいと思っています。

Unityで360度動画を作成してみました。

Unityで360度動画を作成して、Youtubeにアップしてみました。

以下にQiita記事を参考にさせていただきました。(ありがとうございます!)
https://qiita.com/ELIXIR/items/88126039121b9c7e334f

最終的にはもっとブラッシュアップして、VRChatとSTYLYにアップロードして見れるようにしたいと思っています。
次は3Dモデルも立てて、もっとライブステージ的な感じで作ってみたいなぁと思います。

TextMeshProをプラットフォームをAndroidにしたら文字化けした。

【現象】

  • よくわからないけど、Androidのプラットフォームに切り替えたら、TextMeshProが文字化けした。中が空白の白文字ではなく、白で塗りつぶされた■の文字が表示されたので、文字が登録されていない現象とは違うようだ。

【対策】

  • Font Asset CreatorでAtlas Resolutionを8192にしていたところを、4096にして、再度Generate Font Atlasを行ったら直った。
  • 入りきらなくなった文字は、使用しない文字をCustom Character Listから削除して、必要な文字だけを残した。(大量の文字を目視で選んだので大変だったが。。。)

Unityシェーダー「StdLib.hlsl」の場所

Unity2018までは以下のように書いていて問題なかったが、
#include "PostProcessing/Shaders/StdLib.hlsl"
Unity2019からはエラーが出るようになった。 以下の場所に移動になったようだ。
Library\PackageCache\com.unity.postprocessing@2.1.4\PostProcessing\Shaders
Unity2019では引用するときは以下のように書けばエラーが消えた。
#include "Packages/com.unity.postprocessing/PostProcessing/Shaders/StdLib.hlsl"

UnityのTextMeshProが外れる件について

大したことではないのだが、UnityのアセットのTextMeshProがUnityプロジェクトのバージョンを2019に変えると、アタッチしていたTextMeshProがすべて外れてしまった。 再度コンポーネントからTextMeshProを選択してアタッチしなおせば直った。 スクリプトがどうやら更新されたようで、インスペクターの表示も大きく変わっていた。 おそらく以前のTextMeshProは別ものと判断されてMissingになってしまったような感じでした。

RealSenseがビルド後のExeで起動しない問題

はっきりとした原因はわからなかったが、「RealSenseSDK2.0/Plugins」フォルダ内にある「librealsense2.so」と「realsense2.dll」をUnity上で選択したときにインスペクターに出てくる「Load on startup」のチェックをオンにするとビルド後もRealSenseが起動した。 名前から察するに、起動時にRealSenseを起動させるかどうかのチェックなのだろうか。とりあえずビルドできたからヨシ!!